GameSynth カーエンジンプラグイン

Next-Gen Car Engine Simulation 従来のグラニュラーシンセシスとは異なる、よりリアルなカーエンジン音を生み出すGameSynth追加プラグイン

  • 元ヤマハ発動機の研究者により開発された、物理・構造的に正確に設計されたエンジンサウンドモデル
  • 従来のグラニュラーシンセシスに比べ、よりリアルなエンジン音を実現
  • サンプルを一切使っていない、フルコントロール可能なプロシージャルオーディオモデル
  • 極めて小さなメモリ消費
  • F1、スポーツカー、バイク、大型トラックなど、あらゆる車種のエンジン音モデルを搭載
  • エンジンの種類(気筒数など)、道路のノイズレベルなど、多様なサウンドパラメーターを調節可能
  • 実際の運転操作をモチーフにした、直観的なインターフェース
  • 他のGameSynthサウンドモデルと併用することで、SF系乗り物のエンジン音をデザインするといった、クリエイティブな活用も可能
gamesynth micware

例:シンガポールITS 2019で発表された株式会社ミックウェア様のドライビングシミュレーター。※Unreal EngineにGameSynthランタイムを導入しています。

Run-Time Integrationランタイムインテグレーションも承っております

本カーエンジンプラグインは、「GameSynthツールで作ったエンジン音を書き出す」だけでなく、GameSynthランタイムと併用することで、ゲームの入力に応じたハイクオリティ・フルコントロール可能なカーエンジン音をリアルタイム発音することができます。

開発中のレーシングゲームやドライビングシミュレーターに導入すれば、従来のグラニュラーシンセシス方式のカーエンジン音に比べ、よりリアルで心地よく、躍動感のある次世代のカーサウンド演出が実現するでしょう。

さらに従来のグラニュラーシンセシスと比べても、サウンドのインテグレーションは迅速で低コストに開発を行うことができます。

これまでの実例や導入にご興味がございましたら、どうぞお気軽に弊社までお問合せください。

CONTACT

リアルなカーエンジンサウンドを作り出せるGameSynth別売プラグインです。①車種を選び(F1、スポーツカー、バイク、トラック等を搭載)、②エンジンの気筒タイプを選び、③運転インターフェースやスケッチパッドで運転して録音する、という分かりやすい方法でカーエンジンサウンドをデザインできます。
※GameSynth本体が必要となります。

Copyright © Tsugi GK. All rights reserved.